日本代表 レプリカショーツをまとめ

年代順により、日本代表 レプリカショーツをまとめいただきたいです。

日本代表 レプリカショーツ 2018 ホーム 

着用大会:2018ロシアワールドカップ

サプライヤーはAdidasです。総体は日本代表伝統的なブルーとホワイトの組み合わせるデザインにして、裾部分にはAdidasシンボルな三本線もつけていますが、チームエンブレムは刺繍仕様です。

日本代表 レプリカショーツ 2018 アウェイ

総体デザインには2018ホームと同じく、ベースカラーはホワイトになります。

日本代表 レプリカショーツ 16/17 ホーム 

着用大会:シンガポール戦

サプライヤーはAdidasです。16/17シーズンホームショーツのデザインは日本代表歴史上最も大胆なデザインにして、ブラックとホワイトの調和モデルを採用し、裾部分にはAdidasシンボルな三本線もつけていますが、チームエンブレムは刺繍です。

日本代表レプリカ ショーツ 16/17 アウエイ 

着用大会:カンボジア戦

サプライヤーはAdidasです。16/17シーズンアウェイショーツのデザインは真っ白デザインにして、チームエンブレムと日本英語字Japanは刺繍です。

日本代表 レプリカショーツ 14/15 ホーム 

着用大会:オランダ戦

サプライヤーはAdidasです。14/15シーズンホームショーツのデザインは伝統ブルーとホワイトの円陣モデルを採用し、ウエストライン部分と裾底にはオレンジストライプが配置し、Adidasシンボルな三本線もつけていますが、チームエンブレムは刺繍です。

日本代表 レプリカ ショーツ 14/15 アウエイ 

着用大会:コスタリカ戦

サプライヤーはAdidasです。14/15シーズンアウエイショーツのデザインは日本代表ユニフォーム歴史上初めて蛍光イエローを採用し、ウエストライン部分と裾底にはブラックストライプが配置し、Adidasシンボルな三本線もつけていますが、日本国名の英語[Japan]がチームエンブレムの下に配置します。

日本代表 レプリカ ショーツ通販店を探したら、ぜひこちらへ~

日本代表新監督西野朗ご紹介

氏名:西野朗(にしの あきら)

出身地:埼玉県浦和市

生年月日:1955年4月7日

ポジション:MF

サッカー賞:Jリーグ最優秀監督賞:2回 (2000年、2005年)、AFC最優秀監督賞:1回 (2008年)

日本代表キャリア:1974-1978総計出場12回

監督キャリア:

埼玉県浦和市に生まれた西野朗氏は元プロサッカー選手、サッカー指導者。現役時代の主なポジションはミッドフィールダー(MF)。日本代表新監督サッカー。西野朗氏のサッカー監督キャリアとても素晴らしいです。Jリーグ有名なチーム(柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、)などの監督を就任していた。Jリーグ歴代最多優勝の監督です。4.10日にヴァイッド・ハリルホジッチ監督は日本代表の監督を解任された以後、4.19日に西野朗氏は日本代表新監督サッカーとして、日本代表を指導してロシアワールドカップに参戦する。

1991年からU-20日本代表監督。

1998年に柏レイソルの監督に就任し、1999年にはナビスコカップ優勝に導き、柏レイソルクラブと西野自身にとって最初のタイトルを獲得した。2000年、Jリーグセカンド試合中は鹿島アントラーズと決勝戦を繰り広げ、2位というクラブ史上最高の成績を残し(年間獲得勝ち点は1位であった)、自身初めてとなるJリーグ最優秀監督に選ばれた。

2002年、ガンバ大阪の監督に就任し、2005年にガンバ大阪最初なJリーグ優勝を達成したが、同年もJリーグ最優秀監督に選ばれた。

2008年にはAFCチャンピオンズリーグを管理し、AFCからアジア最優秀監督に選ばれ、FIFAクラブワールドカップ2008準決勝のアデレード・ユナイテッドFC戦では、日本人監督としてFIFA主催の大会で初めて勝利を優勝された。更に、天皇カップ優勝を達成し、国内3大試合のグランドスラムを取得した。

多くな試合指導経験を積み重ねて、西野朗氏は2018年日本代表新監督に選ばれた。西野朗監督の指導されたサッカー日本代表はロシアワールドカップ大会にはいい順位を取得するように期待します。

弊店は日本代表ユニフォーム、ショーツなどのコスパ抜群用品を備えている、日本代表 ユニフォーム2018シーズンを購入したい方は、ぜひ弊店へ~

 

サッカー日本代表ユニフォームカラーご紹介

まず、サッカー 日本 代表 ユニフォーム チームカラーを詳細に紹介します。

チームカラーについて:

現代日本 代表 ユニフォーム チームホームカラーとしてブルー、アウェイカラーにホワイトを使用している。ブルーは「日本の国土を象徴する海と空の青」を表すとされている。ブルーとホワイトの組み合わせが初めて採用されたのは1917年の極東選手大会では、東京高等師範学校(今:筑波大学)が日本代表として出場したため、東京高等師範学校ユニフォームホームであるブルーのTシャツ(黒のショーツ、ホワイトヘアバンド)をそのまま使用した。1930年極東選手大会には日本代表として出場の東京帝国大学は多くの選手が派遣したが、ライトブルーのシャツを採用した。1936年ベルリン五輪大会に出場した早稲田大学の日本代表は1930年極東選手大会の代表チームと同じライトブルーのショーツを採用し、それ以降もチームカラーとしてブルーが決定することになりました。

1964年東京オリンピックでは上下全部ホワイト、1968年メキシコオリンピックではホワイトのシャツにディープブルーのショーツとなって、1970年代以後はホワイトとブルーの組み合わせに色調とされるようになっている。

次は、日本 代表 ユニフォーム 歴代チームカラーを御覧ください。

日本 代表 ユニフォーム 歴代はほぼ同じくブルーとホワイトのデザインに入れて、充分に日本国土を表現し、サッカー日本代表の愛称も「SAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)」と呼んでいます。