タグ別アーカイブ: サッカー日本代表ユニフォームカラーご紹介

サッカー日本代表ユニフォームカラーご紹介

まず、サッカー 日本 代表 ユニフォーム チームカラーを詳細に紹介します。

チームカラーについて:

現代日本 代表 ユニフォーム チームホームカラーとしてブルー、アウェイカラーにホワイトを使用している。ブルーは「日本の国土を象徴する海と空の青」を表すとされている。ブルーとホワイトの組み合わせが初めて採用されたのは1917年の極東選手大会では、東京高等師範学校(今:筑波大学)が日本代表として出場したため、東京高等師範学校ユニフォームホームであるブルーのTシャツ(黒のショーツ、ホワイトヘアバンド)をそのまま使用した。1930年極東選手大会には日本代表として出場の東京帝国大学は多くの選手が派遣したが、ライトブルーのシャツを採用した。1936年ベルリン五輪大会に出場した早稲田大学の日本代表は1930年極東選手大会の代表チームと同じライトブルーのショーツを採用し、それ以降もチームカラーとしてブルーが決定することになりました。

1964年東京オリンピックでは上下全部ホワイト、1968年メキシコオリンピックではホワイトのシャツにディープブルーのショーツとなって、1970年代以後はホワイトとブルーの組み合わせに色調とされるようになっている。

次は、日本 代表 ユニフォーム 歴代チームカラーを御覧ください。

日本 代表 ユニフォーム 歴代はほぼ同じくブルーとホワイトのデザインに入れて、充分に日本国土を表現し、サッカー日本代表の愛称も「SAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)」と呼んでいます。